1階で一人暮らしをする女性必見!安心できる防犯グッズを紹介

1階 一人暮らし 女性 防犯グッズ

新しい環境を迎えて一人暮らしを始める女性へ達へ…。

素敵なマンションを見つけたけど1階の部屋しか空いていない!

そんな物件を見つけることもあるでしょう。

確かに1階なら毎日の生活には便利な面が多いんですが、女性にとって安全面での不安を感じてい方も少なくありませんよね。

安心して暮らすにはどうすればいいのか?

どのような防犯グッズが効果的なのか?

そんな疑問を抱えているアナタへ。

この記事では【1階での一人暮らしを安心して暮らすための防犯対策とグッズ】について詳しく解ていきたいと思います。

不安な悩みから解消され、自分自身の安全を守るための一歩を踏み出しましょう。

この記事を読んでわかること
  • 1階に住むことの犯罪リスクと基本対策
  • 1階の部屋に最適な防犯グッズ
  • グッズと合わせて実践しておきたいこと
目次

1階の部屋特有の防犯リスクと基本対策

まず1階の住居が特に狙われやすい理由と、そのリスクにどのように対処すればいいのか?

そんな疑問から答えた方がいいでしょう。

この章では、1階の部屋が抱える防犯リスクと日常生活での基本的な防犯対策について解説します。

1階の部屋が狙われやすい理由

1階の部屋が狙われやすい理由…。

それは、出入りがしやすいから。

外から直接入りやすい立地条件は、犯罪者にとって侵入しやすい環境を提供しているようなもの。

また、犯行後に逃走しやすいところも犯罪者にとっては最適と言えます。

実際に犯罪統計を見ると、1階の住居での事件は他の階と比べて多いというデータもあるんですよね。

これは、犯罪者がリスクを最小限に抑えつつ最も効率的に犯行を行おうとするからなんです。

さらに1階の部屋は、窓やベランダから室内の様子が覗き見されやすいことも狙われる理由の一つ。

犯罪者は、自分の目で見た情報を手掛かりに住人の生活パターンを把握するんです。

  • 仕事や学校へ向かう時間
  • 帰宅する時間
  • 遅くなりやすい曜日

これらのパターンは1階の部屋からは丸見えとなってしまうでしょう。

このような理由から、1階の部屋に住む際は特有のリスクを理解最適な防犯対策を行うことが必要不可欠であることがわかります。


日常生活で実践できる基本的な防犯対策

1階で一人暮らしをする女性にとって、普段の日常生活においても防犯対策を意識することが特に重要。

中でも鍵をかける習慣の徹底は基本中の基本。

これは外出する時だけではなく、家にいる時も玄関や窓の鍵は必ずかけておくようにしてください。

意外と見落としがちなのが、短時間の外出!

  • ちょっとしたゴミ出し
  • 近くのコンビニへの買い出し

こんな時でも鍵をかけておくことが犯罪者にとって入りにくい環境作りに役立ちます。

また、外出時には家の中が長時間無人だと思わせない工夫も重要なポイント。

例えば

  • 郵便物が溜まらないようにする
  • タイマーで照明が付くように設定する

こういった生活感を演出することで、常に誰かが家にいるような印象を与えておくことも防犯効果があります。

最近ではIOT化が進んでいて、家のライトをスマート化すればスマホ一つで離れた場所から家の照明を操作できるんですよ。

そして、日頃から近隣住民とコミュニケーションを取り合い留守中の異変に気づいてもらえるようにしておくのも一つの方法。

このような日常のちょっとした心がけが、1階に住むアナタを狙う犯罪者の抑止力となるんですよね。

出来るだけ日常生活の中に取り入れていきましょう。

24時間365日安心【ALSOK】

1階の部屋におすすめの防犯グッズ

犯罪者からの侵入リスクが高まる1階の部屋。

危険なヤツらからどうやって自宅を守り、安心した生活を送るためにはどうすればいいのでしょうか?

この章では【1階の部屋におすすめな防犯グッズ】について解説します。

セキュリティを強化するグッズだけでなく、さらに安全性を高める追加対策までを理解してください。

窓に最適な防犯グッズ

1階の住宅において最もセキュリティが重視される場所がベランダの窓

犯罪者にとって玄関よりも侵入しやすいポイントとなるため、ベランダの窓を如何に守るかがアナタの安全を左右すると言っても過言ではありません!

だって、そうでしょ?

玄関のドア=×頑丈
ベランダの窓=割れやすい

実際、私の知人女性も窓ガラスを割られて泥棒に入られました。

現金は置いていなかったんですが、アクセサリーや貴金属が盗まれたんですよね…。

ぶっちゃけ、そんなに高価な物は無かったんですが

「知らない人が部屋に入った!」

って事実に恐怖を覚えたそうです。

だって彼女には、小さな子供がいましたから…。

こんな体験をしないためには、ベランダの窓への対策は必須と言えるでしょう。

具体的な防犯グッズは以下の通り。

窓ガラスに張る防犯フィルム

防犯フィルムの役割は、ただ単に窓ガラスが破壊されることを防ぐだけではないんですよね。

この防犯フィルムは割れたガラスが室内に飛び散るのを防ぎ、アナタが怪我をするリスクを減らしてくれます。

また、侵入者が窓ガラスを割ったとしても防犯フィルムが1枚のガラスの姿を保ち、侵入を防ぐための盾として立ちはだかってくれる防犯グッズ。

その結果、予想以上に時間と労力がかかることになるため侵入を諦めさせる効果も期待できます。

侵入だけでなくプライバシーも守れる目隠し効果のある防犯フィルムもありますよ。

窓用の補助錠

窓用の補助錠は、窓に取り付けられた鍵(クレセント錠)に追加する窓用の鍵のこと。

この補助錠を取り付けることでサッシが固定され、クレセント錠を操作しただけでは窓を開けることができなくなるんです。

つまり2つの鍵を開ける必要があり、侵入するための時間と労力をかけさせて諦めさせる効果が期待できる防犯グッズ。

ちなみに、ガラスを割って侵入を試みる犯罪者はクレセント錠付近だけを割ってくる事が多いんです。

このため、取り付ける際は外から見えにくくクレセント錠から離れた場所に設置するのが効果的です。

ノムラテック(Nomuratec)
¥1,032 (2024/06/10 14:48時点 | Amazon調べ)
窓用防犯センサー

窓用防犯センサーは、窓ガラスに衝撃や振動が加わった時に感知し大音量の警報音を鳴らす防犯グッズ。

これにより侵入者の存在を、アナタだけでなく近隣住民へ通知する効果が期待できるんです

でも、強い風でも反応したら近所迷惑かも…。

そんな心配はいりません!

中にはセンサーが反応する衝撃の強さを(検知感度)を調節できる機能が搭載されたモデルも存在し、強風などによる誤作動も防ぐことができます。

しかも粘着テープで簡単に取り付けられるタイプが多く、女性でも簡単に設置できることもメリットですね。

簡単な設置で大きな安心を得られるため、防犯対策には欠かせない防犯グッズです。


これらの防犯グッズを組み合わせることで、1階の窓からの侵入を大幅に減らすことができますよ。

玄関に最適な防犯グッズ

ベランダの窓意外で犯罪者が侵入を試みるとしたら、次の危険は玄関

その理由は静かに侵入することができるから。

窓ガラスを割ってしまう大きな音が出てしまい、近隣住民に気づかれてしまうリスクがあります。

しかし、玄関の鍵をピッキングなどで開けてしまえは、大きな音を立てることなく侵入することができるでしょう。

ぶっちゃけ、窓から侵入されるよりも恐怖を感じますよね…。

そんな静かな侵入者の恐怖から身を守るためには、玄関の防犯対策もしっかり行っておく必要があります。

具体的な防犯グッズは以下のとおり。

玄関用の補助錠

補助錠とは、扉に取り付けられた既存の鍵とは別で追加する鍵のこと。

鍵を増やすことでピッキングにかかる時間が長くなり、犯罪者に心理的なプレッシャーを与えることで犯行を諦めさせる効果もあるんです。

主なタイプは

  • ドアの外につけるタイプ
  • ドアの内側につけるタイプ
  • 強固な面つけタイプ

中には本体価格も安く取り付けも簡単な補助錠もあり、コストを抑えてセキュリティレベルを高めることが可能。

大事なのは、犯罪行為に時間をかけさせる事なんですよね。

ドアスコープカバー

ドアスコープカバーとは、玄関ドアのスコープから室内の様子をわからなくするための防犯グッズ。

特に、学生の方など初めての一人暮らしにはワンルームマンションを選ぶ方も多いと思います。

しかしワンルームなどの狭い部屋の場合、スコープから見ただけで室内の様子は丸見えになってしまうんです。

これは女性にとっては避けたいリスクでしょう。

取り付けは、ドアの内側にスライド式のカバーを張り付けるだけ!

侵入者だけでなく、プライバシーも守るためには取り付けておきたいグッズです。

サムターン防止カバー

サムターンとは、鍵の内側に取り付けられた指で摘んで回す金具のこと。

内側から鍵をかけるとき、鍵穴に差し込まずに簡単にロックできる便利な部分です。

この部分を郵便受けやドアスコープなどからワイヤーを使い、内側から鍵を開けてしまう手口がサムターン回し!

サムターンに届けば簡単に鍵を開けられるため、中には穴を開けるなどの強引な手口を使う犯罪者もいるんですよね。

こういったサムターン回しを防ぐためには、カバーを設置しておくことが最大の予防となるんです。

強引なピッキングから守るためには、絶対に取り付けておきたい防犯グッズと言えます。

ノムラテック(Nomuratec)
¥313 (2024/06/10 14:48時点 | Amazon調べ)

これらの防犯グッズを組み合わせることで、玄関からの侵入リスクを大幅に減らすことができるでしょう。

1階で一人暮らしをする際の追加防犯対策

1階の部屋に住む場合、窓と玄関のセキュリティ強化だけでは万全と言えません。

さらなる追加の防犯グッズを導入することで、安全な生活環境を守ることができるでしょう。

その追加防犯グッズの役割は、侵入者への威嚇と不審者の早期発見。

具体的なグッズは以下のとおりです。

防犯カメラ

防犯カメラは、家の周辺を24時間監視し不審な動きを記録することができる防犯の基本ともいえるグッズ。

最近のスマートカメラなら高画質での録画はもちろん、外出先からでもスマホで確認もできる機種も多いんですよね。

仮にネット環境が不安定な方でも、SDカードに記録できるWi-Fiが不要の見守りカメラもあります。

不審者の早期発見のためにも、1台は設置しておきましょう。

また、「防犯カメラ作動中」というステッカーを張っておくだけでも抑止効果は期待できますよ。

センサーライト

センサーライトとは、動きを感知すると自動的に点灯する照明装置。

闇に紛れて行動する犯罪者にとって、突然の眩しい光は大きな威嚇効果をもたらしてくれるでしょう。

また、周囲を明るく照らすことで侵入者の顔がわかりやすくなり、防犯カメラの効果を高める役割にもなるんです。

マンションなら玄関前の廊下は明るいでしょうが、逆にベランダ周辺は夜になると真っ暗になるケースが多いですよね。

このため、ベランダ周辺に設置しておきたいグッズと言えるでしょう。

モニター付きインターホン

モニタ付きインターホンがあれば、家に訪ねてきた人物の顔を室内から確認することが可能。

声だけでなく、顔を見ながらの対応は安心感を与えてくるでしょう。

しかも最近のモニター付きインターホンは、在宅中だけでなく不在時でも来訪者の映像を記録することもできるんです。

この効果は高く、犯罪者が下見目的で訪れた場合でも後から確認することができ、必要な対策を行うことができるでしょう。

基本的には取り付け工事が必要であり、賃貸物件の場合は管理会社への確認は必須です!

こういった追加の防犯対策を行っておくことで、1階での一人暮らしは更なる安心感を手に入れることができるでしょう。

犯罪行為を素早く察知し、万が一の時は威嚇して犯行を諦めさせることが重要なんです。

1階住まいの女性が実践すべき日常の防犯対策

1階で一人暮らしを送る女性たちにとって、特有の防犯リスクは日々の生活の中では見過ごしがち。

しかし、ほんの少しの心がけでリスクを大幅に減らすことが可能なんです。

この章では、日常生活における実践すべき防犯対策について解説します。

SNSを利用する際の注意点

SNSは日常の出来事を共有できる素晴らしいツールですが、一人暮らしの女性にとっては慎重に利用する必要があるでしょう。

具体的な危険と対策は以下のとおり。

現在地がバレてしまう

SNSに写真を投稿する際、具体的な位置情報までも晒してしまうと現在地や頻繁に訪れる場所が特定されやすくなります。

となると、不審者によるストーカー行為や不在を狙った空き巣の危険性を高めることになるでしょう。

投稿する際は位置情報が含まれていないかを確認し、自分の居場所が特定されないようにしてください。

スマホ本体の設定でも位置情報サービスをオフにできますよ。

生活パターンが把握される

定期的に投稿する方なら、アナタの生活パターンや外出時間などが推測されてしまう危険性もあります。

例えば

  • 水曜日はジム
  • 金曜日は飲み

このようなパターン情報を元に、犯罪のタイミングを計画することもあり得ます。

ほとんどのSNSには閲覧の設定ができますので、アナタの投稿を見ることができる人を厳しく制限しておくのが無難でしょう。

SNSを安全に楽しむためには、これらの防犯的なリスクと注意点を意識し日々の利用に反映させることが重要です。

自分自身の安全を守るためにも、慎重なSNSの利用を心がけましょう。

緊急連絡先と日頃から防犯意識

一人暮らしをする女性にとって、緊急時の対応と日頃の防犯意識は安全な生活を送るためには欠かせません。

警察はもちろん、近くに住む信頼できる友人上司などの連絡先は必ず把握しておきましょう。

とっさの場面ではパニックになり誰に連絡したらいいか分からなくなる可能性もあるため、目にとまりやすい冷蔵庫などに一覧表を張っておくと冷静に対応することができますよ。

また、身の安全を最優先すべきなので室内から逃げること考えて下さい。

窓からの侵入なら玄関へ、玄関からの侵入ならベランダから屋外に逃げて近隣へ助けを求めるようにしましょう。

そのためには日頃から近隣住民とのコミュニケーションをとり、緊急時に対応しあえる関係性を築いておく必要があります。

もっとも素早く対応してくれるのは、警察よりも隣や向かいの住人ですからね。

いつ危険な状況が訪れてもいいように、万が一の時の行動パターンをイメージしておくようにして下さい。

1階で一人暮らしをする女性の防犯対策の要点

1階での一人暮らしは、特に女性にとって安全面での配慮は必須!

この記事を通じて、日々の生活で役に立つ防犯グッズや日頃の防犯意識について解説してきました。

もう一度まとめると

この記事のまとめ
  • 1階の部屋は侵入しやすく逃走しやすいため犯罪者から狙われやすい
  • 生活スタイルが周りにバレない工夫が必要
  • 防犯グッズを追加しておくことで更にセキュリティを強固にしておく
  • 日頃から犯罪を意識し防犯意識をもって生活すること

確かに犯罪のリスクはありますが、利便性を考えると1階の部屋は最適と言えます。

そのためには完璧な防犯対策は必須!

この記事を読んで、アナタの一人暮らしの安全対策について考えるキッカケになれば幸いです。

今から始める小さな一歩が、これからの大きな安心へと繋がりますように…。

ベロ
生活アドバイザー
一度きりの人生。
快適で安心して暮らすため、日々の生活を豊かにする知識と情報を提供しています。

最近のコメント

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次